新生銀行カードローン レイクから3万円借りる | 今すぐ3万円借りたい時のBest3!

新生銀行カードローン レイクから3万円借りる

新生銀行カードローン レイク


実質年率4.5%~18.0% 限度額1万円~500万円
保証人不要 口座開設不要

お申し込み

お申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンによるWeb契約申し込み 
  • ※インターネットでは24時間365日申し込みを受付しています。
  • お電話による契約申し込み
  • 自動契約機による契約申し込み
  • 郵送による契約申し込み

どちらの条件で選ぶ!?「3万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

3万円借りる:融資スピード 3万円借りる:低金利

3万即日融資 3万低金利


3万キャッシングQ&A:「利回り」は「利率」とは異なる!

利回りとは、投資金額に対して得られる金額の割合のことです。 通常は、1年当たりの割合をパーセント表記します。 例えば、100万円投資して1年後に110万円が得られる場合には、(110-100)÷100×100で、「利回り10%」となります。 利回りと並んでよく見聞きする言葉に、「利率」があります。 利回りと利率は似た名称なのですが、意味はやや異なります。 利率は、資産の額面金額に対して得られる金額の割合を意味しています。 例えば、額面100円の債券を100円で購入し、1年後に利息10円とともにお金が返ってくる場合には、10÷100×100で、利率10%です。 この債券は、購入時の価格が100円の場合は、利回りも利率と同じ10%です。 しかし、購入時の価格が99円の場合、利率は変わらず10%ですが、利回りは、(110-99)÷99×100で、約11%となります。 このように、購入価格と額面金額が異なる場合には、利率と利回りの間に差が生まれます。 購入価格のほうが安ければ利回りのほうが高く、額面金額のほうが安ければ利率のほうが高くなります。 購入価格が安ければ、「額面金額-購入価格」の部分が収益になることから、利回りが高くなります。 実際に投資を行う際には、投資金額に対する収益率が大切です。 いくら表面上の利率が高くても、購入価格が額面金額より高い場合は、利回りが低下してしまうからです。 このように、利率よりも利回りを意識して投資を行うと、資産額をより多くに増やせる投資商品を選ぶ際に参考になるでしょう。

ページトップへ戻る