じぶん銀行から3万円借りる | 今すぐ3万円借りたい時のBest3!

じぶん銀行

じぶん銀行

実質年率2.2%~17.5% 限度額800万円
保証人不要 口座開設不要

詳細・お申し込み

じぶん銀行カードローン お申し込み・ご契約方法

  • じぶん銀行カードローンは、本人確認書類原則不要
  • ※じぶん銀行口座をお持ちでないお客さまは本人確認書類を提出する必要があります。
  • わずらわしい書類の提出が原則不要でお申込みから契約までがネットで完結
  • 郵送による契約申し込み

どちらの条件で選ぶ!?「3万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

3万円借りる:融資スピード 3万円借りる:低金利

3万即日融資 3万低金利


3万キャッシングQ&A:年金利回り法とは実質金利を計算する方法です

キャッシング業者やローン業者、ショッピングローンを利用する際に、よく耳にする言葉があります。 それは年金利回り法によって計算されましたという言葉です。 金融用語に疎い方であれば、一体何のことなのかと疑問に思われるのではないでしょうか。 これは、実質金利の計算方法のことを言います。 たとえば、ショッピングローンを利用してお買い物などをした場合、年金利回り法で計算しましたと、業者から請求書が届くこともあるでしょう。 これは、ショッピングローンで利用した金額、つまり返済金額からローンの返済までにかかる経過期間の発生利率を差し引いて計算をします。 発生利率を差し引いた金額の残りについては、元金充当分として計算されます。 実質金利の額がわかると、1年間に利息をどれだけ払わなければならないかを自分で把握することができます。 ちなみに法律で定められている実質年利、もしくは実質年率の上限については、29.2%までです。 これ以上の利率は法定外利率であるため、過払い金として返済してもらうことができるでしょう。 ちなみに日本では実質年利で計算されるのが一般的です。 その理由は法律で実質年率を用いることが定められているからです。 そのため、消費者金融をはじめとするキャッシング業者、ローン業者などの貸金業者では、実質年率を用いています。 100万円以上の融資では年15%以下、10万円以上100万円未満は年18%以下、10万円未満は年20%以下と上限金利が利息制限法で定められています。

ページトップへ戻る