イオン銀行から3万円借りる | 今すぐ3万円借りたい時のBest3!

イオン銀行から3万円借りる

イオン銀行カードローン

実質年率3.8%~13.8% 限度額800万円
保証人不要 口座開設不要

詳細・お申し込み

イオン銀行カードローン

インターネットによるイオン銀行お申し込み・ご契約方法

  • パソコン、ケータイ、スマートフォンのインターネットによる契約申し込み
  • ※イオン銀行の口座をお持ちでない方

  • ネットバンクにログイン後、契約申し込み
  • ※イオン銀行の口座をお持ちの方

どちらの条件で選ぶ!?「3万円借りる」時の【2大条件】     ※ランキング形式で分かりやすい!※

3万円借りる:融資スピード 3万円借りる:低金利

3万即日融資 3万低金利


3万キャッシングQ&A:資金を融通するのが融資

資金を融通することを融資と呼びます。 経済活動を行う全ての主体が、必要な資金と保有している資金が一致しているわけではありません。 資金が不足している主体もあれば資金が余っている主体もあります。 資金が余っているところから資金が不足しているところへ移すことによって経済活動を活性化させることができます。 ですから、経済にとっては最も重要なものだと考えられるのです。 資金を融通するための手数料は利息と呼ばれます。 金融機関は融資を行うことによって利息収入を得ることができます。 その種類は色々なものがあって、通常は貸借契約を結ぶことになります。 この利息については金利によって計算されます。 金利は、通常は年率で表されます。 つまり、1年間借りた場合に発生する利息の割合として金利が用いられているのです。 例えば、10万円を7%の金利で借りた場合には、1年後には7千円の利息が発生します。 このようにして手数料があるということですから、それを上回る効用があることを前提として借入をすることが必要となります。 例えば、企業が事業資金として借入をする場合に、金利が7%であれば、それを上回る収益が見込めないと借入をする意味はないと言えるでしょう。 個人の場合には事業を行うわけではありませんから判断は難しいのですが、やはり利息を支払ってまで得られる効用があるのかどうかで判断をすることが必要となってきます。 金融機関としては、銀行は企業や個人に対して融資を行いますが、消費者金融などは主に個人を対象としています。

ページトップへ戻る